最終学期後半。。。

ようやく中間試験も終わり一息。。。
今学期とってる授業はAdvanced Portfolio Management,とFinancial Auditing.
Advenced Portfolio ManagementはAcrive Portfolio manager としてどうやってハイリターンを得るかという実践的な内容。いままで投資なんぞしたこともなかったので株の知識は全くありませんでしたが、group projectとして実際のマーケットの同様の投資ができるsoftwareを使ってリターン(厳密にはSharpe ratio)を競ってます。そして私達のグループは1位独走中!
グループは4人なんですが、私以外はみんな中国人。。。中国市場が急成長中なのでかなりハイリターンを得る事ができました。私も日本の株を買って大もうけ!これがsakura-kikoのホントのお金だったらな〜なんて思ったりもしながら毎日マーケットに釘付けです。
早く実際に投資してみたい〜〜。

もう1つの授業はAuditing.これは卒業後にAuditorとして働くのでかなり真剣にやらないと、と意気込んでみたものの、先生の都合で休講が多く、その分チャプターサマリーを提出。かなりself-studyコースです。でもCPAの試験も受けないといけないから、そろそろ本腰入れて取り組まねば。。このコースで Research paperが課されててSox法について15ページ書くことになってたのですが、これがかなり辛かった。いまだに書くのは大の苦手。。。
この授業は5人のクラスですが、私がきっと最低のスコアだろうな〜と思って半ば投げやりに提出。あ、でもかなりの時間は費やしました。
で、今日このレポートが帰って来たのですが、どうやら私が最高点を取ってたみたいでちょっと嬉しかったです。でも授業中にあてられると、たまにトンチンカンな答えをして赤っ恥かいてますが。。。。少人数のクラスだとアットホームなのはいいけれどビシバシ当てられるのでいつもビクビクしてます。。最後のセメスターになってもまだビビってるなんてちょっと情けないけど、残りの1ヶ月弱で卒業なので、全力疾走してみようと思ってます。
それでは今日はこの辺で。
[PR]

by sakura-kiko | 2007-07-12 12:24 | 大学院生活

そして4月も去った

どうも。またまたご無沙汰してます。。。いつの間にか4月も終わってました(汗)。火曜日にようやく期末試験を終了して一段落。今学期は科目数の割にはかなりきつかったような。。。
そして今学期は1科目はBoltimoreまで1時間半かけて通っていたので、大変でした。
夕方の授業なので、かなり早く出発しないと夕方のラッシュに巻き込まれてしまうので5時半から始まるクラスなのにでるのは3時過ぎ。それでももうラッシュが始まりつつある時間帯なんです。。
家族重視な人は朝早くに出社してその分早く帰るというスタイルを取るひとも多いので3時からラッシュが始まってしまうのです(笑)。日本ではちょっとありえないかもね。
a0040739_1524595.jpgでも良かったのは、近所に住むクラスメートと一緒に行く事ができたのでガソリン代や駐車場代もシャアできたし、それに、授業の後に毎回彼女のウチに招いてくれてダンナさまの作るお料理をたらふく食べさせてもらってました、えへへ。。やっぱ中華料理はいいね!おかげで体重も大増量中!!
彼女のダンナさまも中国人なんですが、とにかくよく彼女をサポートしてくれてます。羨まし☆。
いつもかなりの種類のお料理を手早く作ってくれるし、9ヶ月になるbabyのお世話のかなりしてくれてます。そして彼女の授業があるときは、ダンナさまは会社を早退してbabyのお世話をしてくれてます。。。
中国人の彼氏を持つという他の友達もいるけど、彼女もかなり彼氏に尽くしてもらってます。
中国人男性は結婚向きなタイプなのかもしれませんね(笑)。
みなさん、中国人男子、オススメですよ!
そして最後の授業の後も彼女のお宅で晩ご飯を呼ばれて散々ご飯を満喫した後、帰ろうとしたら、彼女が、
”ちょっと見せたいものがあるんだ〜” っていうから興味津々で彼女のあとについていったら
なんと余ってる1階のお部屋に
卓球台が!!
さすが中国人家庭に一家に一台の卓球台!a0040739_153063.jpg
でも、じつはsakura-kiko、大概のスポーツは得意なんだけど、卓球だけはパス、だったのです。だってちっさいテーブルの上にボールを打ち返せなんて無理無理。。
でも彼女はかなりやる気マンマンだったのでちょっとおつきあいのつもりでしました。
でも、気づいたら私たちったら1時間以上もしてるじゃーありませんか!?
彼女は会社の女子部門で優勝をしたほどの腕前なのでかなりうまいです。
そして彼女にちょっとだけ教えてもらったんですが、やってみるとかなりおもしろいかった。。
たまに彼女もマジモードになってボールが見えないような速さで打ち込められたりもしましたが、二人とも夜中近くに汗だくになりながら卓球をしてました。
[PR]

by sakura-kiko | 2007-05-05 02:03 | 大学院生活

就職活動記ー Office Visit

1月5日。今日は朝8時から日本人スタッフと朝食。
2人の日本人女性スタッフとの朝食だったんだけど、お二人ともすごくいい感じ。
1人は、マネージャーでもう1人は働き始めて1年弱。マネージャーの彼女はとても男前でかっこいい感じで気も合いそうな感じ。もう1人の彼女はとてもおっとりした感じで、でもすごく好印象でした。朝食では、今日のスケジュールや、面接のコツはinterviewerがどんな人か、とかオフィスの雰囲気、ここでの生活等いろいろ聞けて楽しかったです。
最初、もうここからインタビューモードなんかと思ってちょっと緊張したけど、ここではかなり楽しめました。
そしてオフィスに到着。オフィスはつい最近改装が終わったばかりでとてもきれいでした。
まだスタッフも慣れてないみたいで、迷子になったりもしました。
最初に、HRの人との面談で、ここでは簡単に今日のスケジュールについての説明をされました。
スケジュールを見てちょっとびっくり。
午前中に3人(日本人マネージャー、パートナー、アメリカン人のマネージャー)。
そして若いスタッフと昼食。
そして午後からはDirector(前に電話インタビューしたことがある)との面接。
1人大体30分程度の面接なんだけど、“オフィスビジット”って聞いてたから、名前の雰囲気で、sakura-kikoはただオフィス見学+ちょっと面接かなーなんて気楽に構えてたから、一気に緊張モード。。。。

そしてオフィスをぐるっとひと回りして面接へ。。。。
最初の日本人のマネージャーとの面接はかなり楽勝。
彼の会話からもう彼は私を雇ってくれそうな雰囲気がびしばしと伝わってきたので、ここは楽しくお話する事ができました。40分ぐらい話して終了。

a0040739_1552081.jpg次はちょっと緊張のパートナー。朝食の時にマネージャーが、”あ、パートナーはうる星やつらのチェリーみたいな顔してるから!でもいいおぢーさんだから大丈夫”
って言われてたものの、英語での面接は緊張します。しかも初対面でおぢーさんだと聞き取りづらい可能性もあるし。。。
でも、このパートナーはとっても気さくなおぢーさんで、ほっとんど彼の話を聞いてるだけでした。ちょっと質問すると、彼はしゃべるしゃべる。。。結局彼とも40分以上面談し、ここも楽しく終了。

そして次はアメリカ人のマネージャーとも面談。次こそは緊張するわ〜って思ってちょっと緊張してみたものの、彼もすごくいい感じで、フランクに話してくれて、私のペースで色んな質問して彼が答えるみたいな感じだったので、ここも楽しく終了。

なんやねん、結局また楽しんでるやん@自分。

そしてようやく昼食。ここでは去年の9月から働き始めたという新人のアメリカ人の男女。二人ともかなりかわいかったです。そして二人ともシンシナティで生まれ育って、大学もここ、そして就職もここ、みたいな超ローカルでした。そしてここでは主にここでの生活やアパートの情報とか住むのにいい地域とかいろいろと教えてもらいました。そしてランチの場所は予想以上っていうかDCのレストランよりもオシャレなお店で料理もおいしかった。満足、満足。

そして最後にDirectorとの面接。ここはやっぱり緊張しました。
彼は電話で前にインタービューしたものの、色々突っ込んだ質問が出て来て、ちょっと昼食後&午前中のしゃべり疲れで、ちと辛かったです。ま、でも彼の質問には彼の期待する回答ができたかなーと思ってます。

しかし、普段こんなにしゃべる事ないから、マジでほっぺたが筋肉痛になったわ。そしてHRの人とまたしゃべってようやく午後3時前に解放されました。あ〜長い1日やった。
そしてダウンタウンを歩き回るパワーも残ってなかったのでちょっと早いけどタクシーで空港に向かいました。なので、ここでの写真はゼロです。

帰りの飛行機はなぜかヴァージニアを通り越してノースキャロライナで乗り換えて帰るという疲れてるsakura-kikoの追い打ちをかけるようなフライトスケジュール。
そして空港で軽くご飯を食べて空港をうろうろ。でもここがいいなーっと思ったのは、人々がとても愛想がよく親切だという事。DC界隈だと店員の愛想は喧嘩売ってんのか〜っていいたくなるようなレベルだし、だからこっちもいつも応戦モード。。ちょっとこんなアメリカの田舎ぐらしもsakura-kikoのshort temperを治すにはいいかなーなんと思ってみたり(笑)。

そしてDCに帰って、Jとご飯。あんまりにもしゃべり疲れててかなり無口になってちょっと申し訳なかったけど、面接の練習してくれたし、今日の報告して無事に1日を終えました。
さて、どうなることやら。。
[PR]

by sakura-kiko | 2007-01-05 23:59 | 大学院生活

就職活動記@シンシナティ

1月4日(まだまだ回想録が続いてますが、何か?)友人が帰った翌日は、今度は自分が旅立つ番。ここ数日の間でこの空港に何度やって来ただろうか。。。。
今日は翌日のインタビューの為にシンシナティに向かいました。
シンシナティはオハイオ州の南にある街で典型的なアメリカの中西部の街っていう感じ。はい、はっきり言って田舎です。ちょっと行けばケンタッキー州。
いちおうP&Gの本社はここにあります。あと、日系自動車会社も工場もここにあります。
でも、私の周りの友人に”シンシナティってどんな所?”って聞いてもほとんどの人が”え、どこにあるの?”っていうほどの知名度の低さ。ちょっと不安になってきました。。。
DCから2時間弱のフライトで空港に着きました。
ダウンタウンのホテルに行くのに”タクシーを使うように”って言われてたのでタクシーを探しました、が、外に出てもタクシーは1台たりとも止まってません。近くを通ったおぢさんに
”タクシーはどこに行ったらつかまるのか?”って聞いたら
”タクシーは電話しないと来ないよ” って
は〜!?空港にタクシーがいないなんて前代未聞やわ!しかもこの田舎で土地も有り余ってる感じだし、周りを見渡しても車が停車しても問題になるほどの交通量もないし!!!意味不明。
ありえねー、このシステム。仕方ないので、ロビーにタクシー会社に電話してくれるというカウンターがあるのでそこに行ったら、
そこは無人。。。。
はー、やる気ない人達だなー@ Cincinnati
カウンターにある電話で自らが電話してタクシーをゲット。
そしてタクシーに乗り込むも、雨が激しく降って来たので外の景色は、まったく見えず。。。
っていうか、ダウンタウンまでの道のりは何もないだだっ広い土地が広がっていた事が翌日に判明。。。
そしてダウンタウンに到着。a0040739_1293216.jpg
やっぱり小さい。ま、一応ちょこちょこと高層ビルがあったし、悪くないかな。
そして夜に着いたので晩ご飯を食べに出掛けました。
はっきり言って、1人でレストランに出掛けて食べるなんて大っ嫌いなんだけど、この土地に誰も知ってる人もいないし、雨も降ってたし近場でサクッと済ませようと出掛けたものの、7時半にして街はゴーストタウン化。。ほっとんど人を見かけなかったし、店も閉まってるし。。。
ここに来て何故かチェーンのRockBottomに行きました。
そしてここの地ビールを飲んで、ステーキを食して帰りました。地ビールは名前も覚えてないけど、他のアメリカのビールと同様にかない薄かった。。。
そしてホテルに戻り、暇なので友人に電話して面接の練習をしてから寝ました。
明日の本番、うまくいくといいのにね。
[PR]

by sakura-kiko | 2007-01-04 23:31 | 大学院生活

The fall semester is over!!!

昨日でやっと秋学期が終了しました。今学期は引っ越、就職活動で忙しく、かなりタフな学期でした。a0040739_1441349.jpg昨日の試験終了後、速攻クラスメートとご飯食べにいきました。ZAYTINYAというギリシャ、ミドルイースト料理のレストランで最近開発が進んでるMICセンターの近くのレストランに行きました。中はとてもこぎれいで、出てくるお料理も小皿に美しく盛りつけされてて、なんとなく日本にあるレストランに来てるような錯覚に陥いるような雰囲気なお店です。味はま、こんなもんかしらって感じ。だって、本場のギリシャ料理ってよくわかんないんだもーん。
そして今日の朝は恐怖の電話インタビュー。。。
ボストンに行ったときに、“次はDirector"との電話インタビューがあって、それをpassしたらoffice visitだからね”と言われてて、先週、金曜日朝はどうですか?というメールが来たのでその当日に電話を朝から電話を緊張しつつ待つものの、待てど暮らせど電話は来ずでした。。。
そして次の月曜日からこの人が一週間日本出張だって聞いてから、そのまま音信不通状態に(汗)。”あんなけ期待させといて、なんだよー(怒)”っとかなり怒り心頭だったのですが、おそるおそるボストンであったリクルーターの人にメールしたら、かわりにアメリカ人のリクルーターからメールがきて、websiteにアクセスしてapplicationを埋めてるようにとの事でした。
“何を〜!?なんでいまさらまた振り出しに戻って面接せなあかんねん!!しかもこっちは期末試験直前なのに、こんなアホみたいに大量のapplicationに付き合ってる暇なんぞないんですけど!!”とかなーり怒ってました。
で、しばらくこのプロセスを無視しつつも、内定をもらったところから”正式な返事が欲しい”とメールが来たので、急に焦って一時間も費やしてapplicationを書き込みメールしました。
すると月曜日にこのDirectorが日本出張から戻って来たらしく、メールが来て、今日の朝の10時電話インタビューする事になりました。
でも、なんか私的にはかなり待たされたし、いきなり音信不通になるといういやーな状況に追いやられ、かなりテンションは下がってました。
で、当日の朝は、試験&飲み疲れの中無理矢理起きて電話インタビューに臨みました←かなり気合いの入ってなかったです(汗)。
無事40分に渡る拷問質問攻めを無事かわし、
”じゃ次はofficeに来てもらってもう少し違う人とあって話てみて下さい。”という回答を頂きました!!!
ホント寝起き&超low テンションで英語もかなりつたなかったのにどこを評価してもらえてのかはナゾなのですが、ようやく次のステージに進む事ができました。
でも最近はDC付近でも仕事を探そうとしてるんだけどビザの事を考えるとやっぱり日本人を探してる所がいいのかなーと思ったり、でもやっぱもっとハングリーに戦地(日本語のない環境)をせめて自分の可能性をさぐるべきなのか。。。自分でもよくわかりません。この今の所で仕事をするならかなりいい環境で仕事ができると思いますが、ちょっと逃げが入ってるような気も。。。。
所詮2年前にここに来るまで全くといっても良い程英語を話せなかったsakura-kikoの英語力はたかが知れてます(涙)。語学はやっぱり若いときに習得すべきだなー。。。っていってもこればっかりはどうにもならないですよね。。
ってな感じです。これからどうなることやら。。。

ここ1ヶ月ほっとんどブロブの更新が滞ってましたが、これからもう少しは更新していこうと思ってます。取りあえず今日はこの辺で。。。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-12-16 15:09 | 大学院生活

就職活動記

Fall semesterももう半ば、しかし今学期はあまり勉強に集中できてないのが本音。
そう、今週金曜日にボストンまで就職活動に行きます。
っていっても日本の学生をtargetにしたものなので面接も日本語と英語の両方なのでまだ楽かな。でもまず履歴書の書き方も英文と和文だと全然違うし、面接での質問事項も日本語だと勝手にペラペラしゃべれるけど、英語だと絶対に事前に準備してある程度暗記してないと無理。かなりナーバスになってます。なんせ、初対面の人だと英語で聞き取りるのも苦しい場合もあるし、緊張したら一瞬にして英語忘れた!?みたいな状況になるのでかなり憂鬱になってました。
ちなみにこちらでは履歴書の事をCV(Curriculum Vitae)と呼びます。大体1ページに職歴や学歴をできるだけ見栄えがいいように工夫して書きます。書式は全く自由です。日本のように 年齢や性別を書く必要はありません。

そしてroom mateに”面接なんて行きたくない〜”と毎日のようにぶつぶつ言ってたら、彼女が履歴書の書き方から聞かれそうな質問を考えてくれたり、模擬面接を何度もしてくれたりとかなり助けてくれてました。
彼女は職場でたまにスタッフの面接をしてるのでかなりのエキスパート。面接官がcandidateにどういう回答を期待しているかなどいろいろ攻略法を伝授してもらいました。
これでちょっとは自信ついたかな? roommateに感謝!
ではボストンに行ってきまーす。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-17 23:59 | 大学院生活

就職活動記@Boston

金曜日の早朝4時に起きて、ボストンに向かいました。
ボストンに9時前に着いたものの、その時点でかなりお疲れ気味。a0040739_495956.jpg
やっぱ前日の夜から行って泊まれば良かったかなとも思いつつ、でも”今回まわるのはBig4の会計事務所だけだし”と日帰りの予定で来ました。
朝から会計事務所の面接をして行ったんだけど、やっぱ1つの事務所で30分の面接を数回しなければならず、1日中機関銃のようにしゃべり倒してました(笑)。おかげで顔が筋肉痛に。。。
最近もっぱら日本語をしゃべる機会がなくなったskaura-kikoの日本語がどんどん怪しくなってます。トホホ。
まず最初に某会計事務所のAmerican Partnerとの英語での面接。朝一は正直日本人から始めて欲しかったなーと思いつつ。そして最初に自分の学歴と職歴をしゃべった後(猛特訓の成果あり)。そして”何か質問はありますか?”って聞かれたので即座に質問したら相手をknockoutしてしまいそうな突っ込みすぎた質問だったらしく、困らせてしまった。。。でもこのpartnerは私の興味を示してくれたようなので無事次のステップに。次は日本人との面接。
この面接はかなりラクチンで難なく終了。そしてこの会社から内定を頂きました。
でもここは本命じゃないので喜びもつかの間、次の面接へ。。。。
次は、あらかじめ電話でのインタビューをしていたので、次のステップへ。
実は電話インタビューをして下さった人がこても好感をもてる方だったので、この会社に対してすごくいい印象を持ってました。そして面接。ここの会社の人はどの人もとても気さくな人ばかりで面接もかなり楽しんで受ける事ができました。しかも、恥ずかしいことに、面接中にかなり面接官を大爆笑させてしまいました(恥)。←こんなとこで笑いとらんでえーのに。。面接官が関西人でよかったー。
そしてこの会社の夕食に呼ばれました。
すると、なんとここのスタッフの人の二人は私の同じ市の出身という事が判明。
”何中だった?”という思いっきり地元ネタな会話に始まり、就職活動中だといいう事を忘れてかなりenjoy.やっぱり同郷の人ととの会話ってすごく楽しいでね〜。笑いすぎて腹筋が痛くなりました。
この会社の雰囲気がかなり気に入っているので内定がでるといいのですが。。祈るのみ。
この夕食会では就職活動という事を忘れて存分に楽しんでしまいました。ボストンに来るまではかなり憂鬱だったのに、終わってみるとかなり楽しんでいた自分を発見したsakura-kiko。この日はとにかくしゃべり疲れました。実は自分は面接が好きだったりするのでは??と思ってしまいました(笑)。←いや、ない、ない!!
あ、でも就職活動はかなり時間をとられるので早く終わらせたいですね。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-17 23:59 | 大学院生活

Job interview

とうとう、就職活動を始めました。あー憂鬱。就職活動なんて二度としたくない!!って学生生活に思ってたことを思い出しました。←あ、すっかり忘れてたのね。
で、こちらではお気軽に電話インタビューっていうのがあるのがさらに困る。。。
不意打ちに電話かけてきて、セールスかと思いきや、履歴書送った会社からの質問攻めだったりするのよねー。全然準備できてないのに、何を答えろっていうんだい!!
しかも突然、英語で質問攻めにあうと、sakura-kikoは完全にフリーズしてしまい、英語もしどろもどろ。。。。質問に答えるどころか、英語しゃべれるんかい?って聞かれるんじゃないかと不安になる次第です。あー、小心者だなーsakura-kiko。
でも、面接も慣れて行かないといけないのよね。やっぱこっちでも面接では”No"は言わないのが鉄則。英語だからとか関係ないです。日本での面接のように”はい、なんでもやります”みたいな態度でいかないと。。。”sakura-kikoはまだ英語でうまく取り繕うとこができません。思わずバカ正直に答えてしまいそうでコワい。。とっさに答えるのってまだ難しいですね。
Roommateがインタビューの特訓してくれるとの事なので、ビシバシと鍛えてもらおうとするか。彼女は時々ジョブインタビューをする立場の人なので、心強いです。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-10-25 01:53 | 大学院生活

瀕死の状態のsakura-kiko

明日に試験があるというのに発熱中のsakura-kiko.どうやって乗り切れるんだろうか、かなり不安です。引っ越し疲れ、そして他人との共同生活はかなり時間のロスがあり、疲れ果ててます。もちろん、Room mateはとってもいい子なんだけど、やっぱ、今まで一人で自由きままに過ごしてきたsakura-kikoはかなりの負担です。特に試験前だと、余裕ゼロなので、辛いなー。
ま、ここでグチっても仕方ないので勉強に戻ります。。。。
次回はもっと楽しい話題にしたいと思いつつ。。。。
では今日はこのへんで
[PR]

by sakura-kiko | 2006-10-12 04:57 | 大学院生活

再びアナログへ

a0040739_341063.jpg最近、渡米以来愛用していた電子辞書を紛失してしまった(泣)。おそらくメトロに乗ってる間に落としたと思われる。。。で、ここで日英の電子辞書が手に入る訳もなく、積極的に欲しいと今の所切実に思う事もないので、家にある英英時点しかもおもーい本でなんとなーくやりすごしてる。大丈夫かな。この調子でいくと日本語の単語と日本語がもっと結びつかなくなるような気もするけど、最悪ネットの辞書で調べたらいいかなーなんて呑気に構えてます。。。。物を落としたり、どっかに忘れてきたりすることなんて、滅多にないのにな〜。気をつけないと。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-09-23 03:46 | 大学院生活