<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Thanks giving holiday

今日でThanks giving dayのお休みは 終了。今回はちょくちょくとお呼ばれがあって食べ疲れたー。木曜日は初アメリカ人宅でターキーを頂きました。数年前に外人のみでこぞってわけわからんままターキーを焼いてみました。今年はアメリカ人の作るターキーを頂いたのですが、やっぱりスタッフィングが違いました(笑)。今年はRoommateと”ターキー焼いてみよー”と張り切っていたのですが、あいにくオーブンが故障してたため取りやめ。いや、やめてよかったと二人でターキーを食しながら話してました。ターキーを焼くのは結構手間がかかるし、あの丸焼きを消費するのは至難の業。そして2人ともターキーがあまり好きじゃーないのよね。。。いやー、お呼ばれしてターキー満喫して満足、満足。友達のおうちはとてもセンスのいいアパートで2歳になる男の子もとってもかわい〜。絵本をみながら語彙力を増強中なんだけど、子供の吸収の早さはただただ感心するばかりでした。

そして金曜日はRoommateと近所の人達とdinner。この前お呼ばれしたインド人夫妻とroommateのお友達と中華レストランに行きました。a0040739_14165284.jpgこのレストラン、P.F. Chang's China Bistroは一応アメリカの主要都市で展開してるチェーン店なんだけど、なんか雰囲気も日本のレストランみたいにこシャレてて雰囲気は日本のレストランに来たみたいでした。気になるお料理は?お料理もま、本格的な中華ではないけど、日本人が好きな中華の味のような気がします。そして何よりも一番嬉しかったのが、最後に頼んだデザートのチョコレートケーキ!もうほっぺたが落ちそうなほどうまかったです♪。多分アメリカ滞在史上一番と言えるでしょう。あー、また食べたい!!。とまあ、メインの中華よりもデザートに酔いしれたsaiura-kikoでした。

a0040739_14462244.jpgそして、この後に映画を観に行きました。観た映画はCasinoroyaleです。今回James Bondが新しくダニエルクレイグに変わったという事で賛否両論で、私もすごく興味津々でした。私はダニエルクレイグはアンジェリーナジョリーが出てたTumb raderにちょい役で出てたのをみて気に入ってたのですが、ジェームスボンド役にはやっぱちと地味すぎるような気もします(笑)。私自身、彼は好みなんだけどね。。。あ、彼のアクションはとってもかっこよかったです♪。ストーリー自体もかなり地味な仕上がりにでした。ボンドカーも結構地味やったし、ボンドガールのエヴァグリーンもきれいなんだけど、なんとなく地味な感じ。ま、役者が変わるとキャラも変わる訳で今回はちょっと”親しみ”のもてジェームスボンドになってます。

毎年Thanks givingの時期に突然ぐーっと寒くなるのに、今年は暖かく、恐らく日中は20℃近くあったんじゃないかと思うような陽気でした。今年は雪は積もらないのかなー。
今年のThanks givingはほのぼのと過ごす事ができました。この後恐怖のFinalが。。。
あー、勉強しないと。。。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-27 14:48 | つれづれ

就職活動記

Fall semesterももう半ば、しかし今学期はあまり勉強に集中できてないのが本音。
そう、今週金曜日にボストンまで就職活動に行きます。
っていっても日本の学生をtargetにしたものなので面接も日本語と英語の両方なのでまだ楽かな。でもまず履歴書の書き方も英文と和文だと全然違うし、面接での質問事項も日本語だと勝手にペラペラしゃべれるけど、英語だと絶対に事前に準備してある程度暗記してないと無理。かなりナーバスになってます。なんせ、初対面の人だと英語で聞き取りるのも苦しい場合もあるし、緊張したら一瞬にして英語忘れた!?みたいな状況になるのでかなり憂鬱になってました。
ちなみにこちらでは履歴書の事をCV(Curriculum Vitae)と呼びます。大体1ページに職歴や学歴をできるだけ見栄えがいいように工夫して書きます。書式は全く自由です。日本のように 年齢や性別を書く必要はありません。

そしてroom mateに”面接なんて行きたくない〜”と毎日のようにぶつぶつ言ってたら、彼女が履歴書の書き方から聞かれそうな質問を考えてくれたり、模擬面接を何度もしてくれたりとかなり助けてくれてました。
彼女は職場でたまにスタッフの面接をしてるのでかなりのエキスパート。面接官がcandidateにどういう回答を期待しているかなどいろいろ攻略法を伝授してもらいました。
これでちょっとは自信ついたかな? roommateに感謝!
ではボストンに行ってきまーす。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-17 23:59 | 大学院生活

就職活動記@Boston

金曜日の早朝4時に起きて、ボストンに向かいました。
ボストンに9時前に着いたものの、その時点でかなりお疲れ気味。a0040739_495956.jpg
やっぱ前日の夜から行って泊まれば良かったかなとも思いつつ、でも”今回まわるのはBig4の会計事務所だけだし”と日帰りの予定で来ました。
朝から会計事務所の面接をして行ったんだけど、やっぱ1つの事務所で30分の面接を数回しなければならず、1日中機関銃のようにしゃべり倒してました(笑)。おかげで顔が筋肉痛に。。。
最近もっぱら日本語をしゃべる機会がなくなったskaura-kikoの日本語がどんどん怪しくなってます。トホホ。
まず最初に某会計事務所のAmerican Partnerとの英語での面接。朝一は正直日本人から始めて欲しかったなーと思いつつ。そして最初に自分の学歴と職歴をしゃべった後(猛特訓の成果あり)。そして”何か質問はありますか?”って聞かれたので即座に質問したら相手をknockoutしてしまいそうな突っ込みすぎた質問だったらしく、困らせてしまった。。。でもこのpartnerは私の興味を示してくれたようなので無事次のステップに。次は日本人との面接。
この面接はかなりラクチンで難なく終了。そしてこの会社から内定を頂きました。
でもここは本命じゃないので喜びもつかの間、次の面接へ。。。。
次は、あらかじめ電話でのインタビューをしていたので、次のステップへ。
実は電話インタビューをして下さった人がこても好感をもてる方だったので、この会社に対してすごくいい印象を持ってました。そして面接。ここの会社の人はどの人もとても気さくな人ばかりで面接もかなり楽しんで受ける事ができました。しかも、恥ずかしいことに、面接中にかなり面接官を大爆笑させてしまいました(恥)。←こんなとこで笑いとらんでえーのに。。面接官が関西人でよかったー。
そしてこの会社の夕食に呼ばれました。
すると、なんとここのスタッフの人の二人は私の同じ市の出身という事が判明。
”何中だった?”という思いっきり地元ネタな会話に始まり、就職活動中だといいう事を忘れてかなりenjoy.やっぱり同郷の人ととの会話ってすごく楽しいでね〜。笑いすぎて腹筋が痛くなりました。
この会社の雰囲気がかなり気に入っているので内定がでるといいのですが。。祈るのみ。
この夕食会では就職活動という事を忘れて存分に楽しんでしまいました。ボストンに来るまではかなり憂鬱だったのに、終わってみるとかなり楽しんでいた自分を発見したsakura-kiko。この日はとにかくしゃべり疲れました。実は自分は面接が好きだったりするのでは??と思ってしまいました(笑)。←いや、ない、ない!!
あ、でも就職活動はかなり時間をとられるので早く終わらせたいですね。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-17 23:59 | 大学院生活

ゴルフ日和

土曜日はroommateの元上司とゴルフに行ってきました♪私の友人はだーれもゴルフをしないのでroommateの上司がうちに遊びに来た時にゴルフをするという事を知って、連れて行ってもらいました。場所はうちから車で20分ぐらいのとこでVirginia Oaksというところで、住宅地の敷地の中にゴルフ場があるという、ちょっと変わったつくりでした。だからコースの端っこは家の裏庭だったりします。家は大きい家ばっかりでした。が、よーくみてみると、ある家の窓はゴルフボールが飛んで行ったのか、穴が開いてたりしていました。ゴルフしない人には住めない住環境だなーと思います。a0040739_157777.jpg途中のホールは湖に囲まれたホールがあり、ちょっと感激♪
この日はものすごく暑くて、20℃以上はあったと思います。でもラフは落ち葉が積もってるし、ちょっとぬかるんでたので、かなりのボールをなくしてしまいました(汗)。グリーン上も落ち葉があったりするので落ち葉を払ったり、ボールの捜索にと余分な所でかなりエネルギーを使ってしまいました。スコアは数えきれくなったのでカウントを中止して、ひたすらコースを走ってました。フェアウェイもここは日本のゴルフ場かと思わせる狭さ。あ、でもここ一応privateらしい。
やっぱ、久しぶりだったから打球練習ぐらいはしておきたかったなー。
でもゴルフ自体はすんごく楽しかったです。寒くならないうちにもっと行きたいんだけどなー。

そして夜はroommateに誘われて、インド人カップルのお宅に食事に行きました。
彼らの家は豪邸でいわゆるMillion dollar houseで天井は高く吹き抜けてて、地下にはdance floorそしてback yardもでかい。。。奥さんは不動産の会社を経営してて、とにかくパワフル!
そして初めてインドの家庭料理を頂きました。レストランで食べるのとは全然違ってモリモリと食べてしまいました。インド料理は野菜をふんだんに使ってて、しかもそれぞれの野菜の成分や特性をいかした料理ばかりなのですごくヘルシーだとつくづく感心。そもそもベジタリアンがおおいインドでは野菜からいかに良質のタンパク質をとるかを常に考えて食事を作るそうで、豆でもかなりの種類がありました。そして食事は奥さんのカラオケタイム♪
彼女の声はプロかと思わせるような美声でびっくり! 最初彼女が歌う前に ”インドの曲ってmelodyが日本の曲と似てるんだよ−”って言うから”えーそんなわけないやん”とかなり疑ってたんだけど、実際聞いてみるとほんと良く似てます。彼女は1時間ぐらい歌いまくってましたがとても楽しめました。
とまあ土曜日は楽しい1日を過ごす事ができました。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-14 02:05 | ゴルフ

久々のGeorgetown

やっと昨日でInternational Financial Managementの授業が終了。これからは土曜日の朝6時に起きて、車で1時間かっ飛ばしてBaltimoreに行く必要ななくなりました。
でもこの授業はとても楽しかったのでちょっと寂しい気もします。先生もとてもいい先生でした。
今日は、天気も良く友達とGeorgetownに出掛けました。
今まではGeorgetownにはいつでも歩いて行けたんだけど、郊外に引っ越したので、車で1時間弱。そして今日は念願のFrench cafe Bonaparteに行ってきました。
ずーっと前に友達から"desertがおいしから絶対試してみて”って言われてたんだけど、いまい場所がわからなくて行けずでした。a0040739_1454213.jpg
そしてここでクレープを食べんだけど、これが激ウマ♪。いっつもデザートを食べるたびに甘すぎて頭痛を起こしてたsakura-kiko なんだけど、今回のクレープは激甘だったんだけど、完璧!!チョコレートソースうますぎ!!!! ウマすぎて倒れそうになったよん。テーブルに案内されるのに30分以上待ったけど、待ったかいありました。今度はDinnerで行ってみたいなー。

そしてこれも久々の映画館。引っ越して以来映画館からすっかり遠のいていたんだけど、ようやく実現。映画のチェックを全くしてなかったので、チョイスは友達に任せたんだけど。。。。a0040739_1511093.jpgこの映画ブラッドピットが出てる映画で、3つの話が全く別の所で無関係に展開してくんだけど、最後はこの3つは何らかの接点があるって言う事がわかるんだけど、かなり重ーい内容&長時間だった為に、かなり疲れた。。。1つはmiddle east、別の話はMexico,そしてTokyo、そういえば役所広司もでてました。でもちょっと不満だったのが、日本の女子高生の描写。これをみて日本の女子はこんなんかーと思われるとちょっとね。って感じ。

ってな感じでひさーしぶりにまったりとした休日を過ごしました。←って毎日がvacationやんって突っ込まれそうだけど。。。

★Cafe Bonaparte★
1522 Wisconsin Ave NW, Washington, DC 20007
202-333-8830
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-06 15:09 | グルメ

突然の停電

昨日は、授業が15分早く終わり、土曜日の試験勉強をしないといけなかったので猛ダッシュで帰宅。そしてroommateとしゃべっていてさご飯食べよう〜♪と思ったら突然真っ暗に。
窓から外を見たらどうやらこのコミュニティ全体が停電になったみたい。
授業がいつも通りの時間に終わって帰ってたら、このコミュニティの入り口で閉め出されてかも(汗)。入り口にゲートがあって、そこも電動で開閉するしくみになってます。
帰宅途中に"redu bull"(眠気をとるドリンク)をのんで、夜勉強するぞ!って気合い入ってのに撃沈。ろうそくの明かりのもので勉強なんてできましぇーん。

ろうそくの明かりのもと、roommateとちょっと話をした。
彼女の国では電気や水の使用制限が政府によってなされてるので、夜に一般家庭用の電気の供給が定期的に遮断されいるとのこと。だから彼女はこうやって暗がりの中、ろうそくをともすのはなんとなくふるさとを思い出すそうです。そして彼女との会話でいかに自分の国が恵まれているかという事を考えさせられた。
いつもネットで日本のニュースをチェックすると毎日のように”子供の自殺、子供が親を殺した”という他の国ではあまりないニュースばかりを目にする。 日本という国はとても豊かで欲しいものは何でも手に入る。貧困について考える瞬間もない。私自身も、貧困がどういうものかなんて想像もできない。
日本でニュースを見てる限り、”rest of the world"で何が起こっているかなんて知る機会もほとんどなかった。“生きて行く”のに人間には何が必要かなんて私自身も考えた事もなかった。世界中の至る所で”明日も生き延びる事ができるだろうか”というシビアな問題と戦いながら生活してる子供がたくさんいる。
私は”自殺する人が悪いとか、根性がない”とか言ってるのではなく、恵まれ過ぎた環境で生活してる我々は心にひずみが生じてるのだと思うし、膨大な物や情報に人々は振り回され、混乱しているような気もする。さらに人々が周囲を気にしなくなっているというのもとても悲しい。どうして自殺まで追い込まれてしまうのか、周りに助けてくれる人はいなかったのか、特に若い人の自殺のニュースを見るたびに複雑な気持ちになる。
物や情報が押し寄せてくるような環境で生活している我々には、”simple"に考えて生きて行くことは到底難しいことかもしれないが、我々の“恵まれすぎた”環境について考えないといけないのではないかと思う。
この停電でちょっと考えてみた事を書いて見ました。しかし、試験2日前に停電で勉強できなかったのは痛い(泣)。今から泣く泣く勉強です。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-11-03 22:09 | つれづれ