旅日記ーその3 NYC countdown

12月31日、今日も朝早く起きて、New Yorkに向かうバスに乗り込みました。DCからNYCまで往復で$35という安さなので気軽に行けるんだけど、なかなか行く機会がないんですよね。
今日の大目玉はもちろんタイムズスクエアでのカウントダウン!事前に友達に色々聞いたけど、”え〜ほんまに行くの?すんごい人やで〜”と何度も言われましたが、肝心の友人Sは超乗り気!彼女のパワーには負けました。
そして更なる試練が待ち受けてました。カウントダウンが終わった後、私たちは宿無しだったのです。どこのホテルももういっぱいで、かろうじて1日にとれただけなのです。。。

バスの中で二人とも大爆睡して夕方にマンハッタンに到着〜。a0040739_3534413.jpg
すぐにタイムズスクエアに向かったんだけど、既に凄い人だかり。この人達は何時から並んでるんでしょうね。道もBroad wayは既にふさがれてて(写真右)ミュージカルのスケジュールをチェックしたかったんだけど、それも無理。ということで、ふらっと土産物屋さんに立ち寄って、かるく夕飯を済ませ、カウントダウンの人だかりに参加する事にしました。a0040739_3541457.jpg
私達は6時半ぐらいに列に入ろうとしてらもうかなりの道が閉鎖されてて、私たちが入れたのはタイムズスクエアから10ブロック離れたところでした。(写真左)タイムズスクエアのビルはもちろん遠いし、Ballもどこにあるんかいな??というおもうほどの小ささでした。(下の写真は私達よりも後ろにいた人達)a0040739_3542970.jpg
この日はちょうど曇りで風もなく長時間外で待機するにはあまり苦になりませんでした。
そして7、8、9、10、11時ちょうどに予行演習なのかスクリーンにカウントダウンが表示されて花火が上がってました。周りはこの予行演習ですら大盛り上がり!

5時間半の待ち時間は思ったよりも短く、途中で退場する人もかなりいたので、道路に座ったりする事もでき、なにより寒くなかったのが幸いでした。(下の写真はお掃除隊の人達)。

a0040739_3545313.jpgそしてカウントダウンも無事に終了し、感動しながらしばらく街をぶらぶらしてました、って宿無しなんですもん! そしてEast Villageに行って遅ーい食事をし、3時ぐらいにレストランを後にしました、が、雨が降って来て歩くのも断念して地下鉄に乗ってまたタイムズスクエアに向かい、マクドに行きました。そしてここでも粘ってたんだけど、二人とも疲れて来たので、
私達の宿泊予定のW hotelに向かって、チェックインを早くしてもらいたかったのと、それまでロビーにいさせてもらえないか交渉してみる事にしました。
ホテルの入り口に入るのもカウントダウンの直後なのかsecurityのおぢさんがいて、理由を説明してなんとかロビーに到着。
そして最初は”空いてる部屋はあるけど、その場合一晩丸々chargeするよ”って言われ、
”いやいや、部屋はいいからロビーにいさせて欲しい、そして早くcheck-inしたいのよねー”
っと行ってたら突然、
じゃー、わかったよ今晩の分はno chargeでもうチェックインできるようにしてあげるよ。
と言ってくれたので、超ラッキーでした。まあ、もう早朝だったという事もあり、部屋の予約に関してちょっと手違いがあったので、最初はかなり半信半疑だったのですが、すぐに部屋に行って眠る事ができました。これがなかったら次の日半日はつぶれてた事でしょう。a0040739_3551394.jpg
予約するときはW hotel、ちょっと高いなーっと思ってたんですが、high seasonで他よりもちょっと高かっただけなので思い切ってここにしといいてよかったなーとつくづく思いました。
a0040739_3552977.jpg


このホテルは格式の高いホテルっていうわけではないのですが、オシャレなホテルとして人気です。
二人とも即爆睡でした。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-12-31 23:59 | trip

旅日記ーその2 DC編

12月30日は、DC市内の観光に繰り出しました、って言ってもスミソニアン博物館に入り浸ってただけですが。。。
a0040739_13234177.jpg朝から霧がかかっててあまり天気はよくありませんでしたが、まず最初にホワイトハウスに立ち寄って記念撮影。そしてモールへと足を運び、自然史博物館にいきました。a0040739_13240100.jpg恐竜の剥製もなかなかの迫力でしたが、女子の注目の目玉はやっぱ45.52カラットのHope Diamondでしょう。a0040739_1324228.jpg私自身石にはあまり興味ないのですが、あまりの迫力にウィンドウにしばらくへばりついてました(笑)。それはさておき、この博物館はかなり子供におススメですね。私も遠い昔に色々読んだ本を思い出しながらじっくりと鑑賞し、意外と楽しく過ごし出ました。←博物館とか全くいく習慣のないsakura-kiko。

そして次はかる〜くランチをとりがてら、彫刻ガーデンに行きました。そういえばここにかなりこじんましとしたアイススケートリンクがあります(今週多分行きそうなんだけど、こんな狭いとこでどうないして滑るねん!?)。

そして休憩のあと今度はナショナルギャラリーへと向かいました。絵画について全くの興味も知識もないsakura-kikoは退屈するのではないかとかなり恐れていたのですが、意外とおもしろかったです。入っていきなり、中がとても豪勢なつくりでちと感動。
そしてここでも意外と長居してしまいました。

そしてold post officeに向かうも、5時閉館だったので、間に合わず、ビルの前で写真をとって終了(涙)。

そして夕食にMarrakeshというモロッコ料理のレストランに行きました。roommateも誘ったけど、体調が悪くドタキャンされて2人になってしまいましたが、二人で思いっきりくつろぐ事ができました。右の写真はパイ生地の中に肉と野菜が入ったもので、基本的に手で食べます。左の写真は〆のmint tea。a0040739_1325414.jpga0040739_13252095.jpgそしてこのレストランの目玉はベリーダンスのショーです。ちょっとベリーダンスをやってみたいなーと興味津々のsakura-kikoはかなり期待してました。
そしてベリーダンスショーが始まり、なんと登場したのがちょっとアジアンな華奢の女の子でした。でもダンスはびっくりするぐらい良かったです。そして帰り際に店の外で写真とってたら店員のおにーさんに”君たち日本人?”って聞かれるから何かなーと思ったら
”今日のダンサー、日本人だったんだよ!”“待ってて、彼女も今ちょうど帰るとこだから連れて来てあげるよ”
ということで彼女とメトロに乗って一緒に帰りました。
彼女によるとベリーダンスショーはモロッコ人女子はビジネスとしてはしないのだそうで、大概のダンサーは外国人らしいそうです。。。
でもベリーダンスって見てたらすごく難しそうでした。どうやったらあんなにお腹が動くのかなー。

ってな感じで友人Sの滞在2日もかなりパワフルに動き回りました。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-12-30 23:59 | trip

旅日記ーその1 DC 編

12月29日に高校以来の親友のSが遊びに来てくれました♪

今回、日本に帰れなかったので昔から知ってる友達とアメリカで一緒に遊べるなんて夢のよう。
a0040739_13523691.jpg彼女は午後にDullesに到着して、その足で空港の近くにある航空博物館に行きました。ここにくるのはもう既に3度目だけど、何回来ても楽しめる場所です。ちなみにいつもは駐車場代$12かかるところがholiday seasonだったのか無料!かなり嬉し〜。a0040739_13525397.jpg
でも閉館30分まえだったので大急ぎでまわりました。
そして一旦自宅に戻ってGeorgetownに友達Jを誘って行きました。
そして夕食を食べてじみーなnational christmas treeとモールのライトアップを観に行きました。でもなんと、よるの11時にはすべて消灯になるって知らなくって、クリスマスツリーをみて終了(泣)。
a0040739_13531239.jpgすんごくしょぼいねー。後ろにうっすらと写ってるのがモニュメントです。いつも疑問に思うのがこの形。なんでこんなダサイ形に刈上げてるのかが理解できませぬ。。。。
そしてJが夜中にバスに乗ってNYCに行くというのでちょっと早めに切り上げました。
Sは長時間のフライトにもかかわらずモリモリで街中を連れ回してしまいました。
Sに会うまでは”かなりの年月会ってない!”って思い込んでたんだけど、実はおととしの夏にほんの少しだけ会ったということが発覚。ははは、二人ともshort memoryですな。
でも、何年も会ってないのに会った瞬間からいつもどおり違和感無く一緒にいられるっていうのは、古くからの友人のいいとこだと思います。なんかアメリカに来てる事すら忘れてしまいなぐらいリラックス〜。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-12-29 23:59 | trip

House warming party

10月に引っ越してから、二人とも忙しくhouse warming partyをする余裕ゼロでしたが、Fall semesterが終わってようやく実現しました。なんせ、roommateも私もお料理初心者な上に、人を招いてもてなすのも未経験。なのに15人程の人を招こうという計画はかなり無謀。。。もう無事に料理が作れるか超ドキドキでした。ちなみに私は巻き寿司とちらし寿司、フルーツパンチ、ロールキャベツと豚の紅茶煮を作りました。a0040739_13364857.jpgどう、この写真。なかなプロフェッショナル感じするでしょ!?奥になるのは温かいお料理を冷めないようにキープする小道具です。これはインド人の友人からレンタル。しかもインド料理一品まで提供して下さいました、感謝!!!
そしてroommateはチキンのグリルと、レンティル、トマトのピックルを作りました。

実は前日にロールキャベツを作ったんだけど、作り終わって味見したらなんか変な味だったので、思わず捨てようかと思ってたんだけど、なんかこれが意外に好評でラッキーでした。だって合せのひき肉がなかったからポークオンリーのひき肉だったし、チキンスープの素が手に入らず、たまたま家にあったチキンの丸焼きの残りの部分でスープでだしとって、これを加えたからかなり濃厚な味になってしまって、うちのママンが作るものとはほど遠い味になってかなり凹んでました。。。ま、でも喜んでくれて何より。
a0040739_1337207.jpgそしてこのデザートは近所のWegmansというかなりイケてるスーパーマーケットで購入。残念ながらケーキを作る才能はゼロなので作る気はゼロでしたがなにか???

何もかもが初心者の二人が計画したpartyは無事に終了して二人でホッとしてます。が、私はオーブンで彼女のチキンのお世話をしてるときにオーブンに私の腕が触ってしまってやけどしたんだけど、なんと彼女も私と同じ右腕の同じ場所に、やっぱりオーブンでやけどしてました。
なんか私たち、似てるのよねー、行動が。。。。キャンドルを二人で選んでるときも、二人で同時に同じキャンドルを手に取って全く同じリアクションをして元に戻したり。。。
私的には彼女に似たくはありませんが。。。似た者同士なので争いは耐えません!?(笑)。
しばらくはこのpartyのleft overで食いつないで行く予定(笑)。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-12-28 14:00 | つれづれ

もうすぐクリスマス

a0040739_4102532.jpg試験が終わりほっと一息のSakura-kiko。この間の週末はRoommateとShoppingに繰り出しました。そして私たちはクリスマスツリーを買いたかったのですが、とにかくでかすぎて、後の処理もどうしたらよいのやら。。。ということで玄関にぶらさげるリースのみ買うことにしました。もうクリスマスがまじかということでこのリースの半額に値下げされてました、ラッキー!

とはいうものの、12月半ばだというのにかなり暖かいのでクリスマスっていう気分にはなれません。おととい近所のゴルフコースに行ったんだけど、気温はなんと20℃以上でした。おかげでグリーンはもちろんの事、フェアウェイ、ラフもまだ青々としてました。こんな風景を12月に見るなんて初めてです。しかも茂みでは鹿の家族が食事中でした。かなり近くにいたんだけど、まるで人を怖がる気配なし。ま、ボールに当たらなければ彼らにとってコワいものなんてないんだろうな。。。。
で、肝心のゴルフは散々。。。なんか自分のスウィングがおかしいってのはわかってるんだけど、どこが悪いのかわからず、得意のドライバーまでチョロってしまう始末。。。あ、これを師匠が見たら怒り狂うだろうな(汗)。。長年のブランクはかなり痛いです(涙)。師匠の指導を仰ぎたいところなんだけど。。。
今は学生なので時間はあるけど貧乏なので、働き始めたら本格的にまた再開したいなー。

この年末はいろんなイベントがてんこ盛りですごく楽しみです。
日本に帰れないのはとても寂しいけど、今年の年末年始は楽しくすごすぞ〜!!
[PR]

by sakura-kiko | 2006-12-21 04:29 | つれづれ

The fall semester is over!!!

昨日でやっと秋学期が終了しました。今学期は引っ越、就職活動で忙しく、かなりタフな学期でした。a0040739_1441349.jpg昨日の試験終了後、速攻クラスメートとご飯食べにいきました。ZAYTINYAというギリシャ、ミドルイースト料理のレストランで最近開発が進んでるMICセンターの近くのレストランに行きました。中はとてもこぎれいで、出てくるお料理も小皿に美しく盛りつけされてて、なんとなく日本にあるレストランに来てるような錯覚に陥いるような雰囲気なお店です。味はま、こんなもんかしらって感じ。だって、本場のギリシャ料理ってよくわかんないんだもーん。
そして今日の朝は恐怖の電話インタビュー。。。
ボストンに行ったときに、“次はDirector"との電話インタビューがあって、それをpassしたらoffice visitだからね”と言われてて、先週、金曜日朝はどうですか?というメールが来たのでその当日に電話を朝から電話を緊張しつつ待つものの、待てど暮らせど電話は来ずでした。。。
そして次の月曜日からこの人が一週間日本出張だって聞いてから、そのまま音信不通状態に(汗)。”あんなけ期待させといて、なんだよー(怒)”っとかなり怒り心頭だったのですが、おそるおそるボストンであったリクルーターの人にメールしたら、かわりにアメリカ人のリクルーターからメールがきて、websiteにアクセスしてapplicationを埋めてるようにとの事でした。
“何を〜!?なんでいまさらまた振り出しに戻って面接せなあかんねん!!しかもこっちは期末試験直前なのに、こんなアホみたいに大量のapplicationに付き合ってる暇なんぞないんですけど!!”とかなーり怒ってました。
で、しばらくこのプロセスを無視しつつも、内定をもらったところから”正式な返事が欲しい”とメールが来たので、急に焦って一時間も費やしてapplicationを書き込みメールしました。
すると月曜日にこのDirectorが日本出張から戻って来たらしく、メールが来て、今日の朝の10時電話インタビューする事になりました。
でも、なんか私的にはかなり待たされたし、いきなり音信不通になるといういやーな状況に追いやられ、かなりテンションは下がってました。
で、当日の朝は、試験&飲み疲れの中無理矢理起きて電話インタビューに臨みました←かなり気合いの入ってなかったです(汗)。
無事40分に渡る拷問質問攻めを無事かわし、
”じゃ次はofficeに来てもらってもう少し違う人とあって話てみて下さい。”という回答を頂きました!!!
ホント寝起き&超low テンションで英語もかなりつたなかったのにどこを評価してもらえてのかはナゾなのですが、ようやく次のステージに進む事ができました。
でも最近はDC付近でも仕事を探そうとしてるんだけどビザの事を考えるとやっぱり日本人を探してる所がいいのかなーと思ったり、でもやっぱもっとハングリーに戦地(日本語のない環境)をせめて自分の可能性をさぐるべきなのか。。。自分でもよくわかりません。この今の所で仕事をするならかなりいい環境で仕事ができると思いますが、ちょっと逃げが入ってるような気も。。。。
所詮2年前にここに来るまで全くといっても良い程英語を話せなかったsakura-kikoの英語力はたかが知れてます(涙)。語学はやっぱり若いときに習得すべきだなー。。。っていってもこればっかりはどうにもならないですよね。。
ってな感じです。これからどうなることやら。。。

ここ1ヶ月ほっとんどブロブの更新が滞ってましたが、これからもう少しは更新していこうと思ってます。取りあえず今日はこの辺で。。。
[PR]

by sakura-kiko | 2006-12-16 15:09 | 大学院生活