<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

NBA

NBA
テーマ:あそぶ

金曜日はNBA(アメリカのプロのバスケットボール)試合に行ってきました。

NBAのファンっていうわけじゃないんですが、中国人の友達に誘われて、会社の近くだったので

仕事帰りに行くことにしました。

写真をみてわかるように、4階にある席なのでかなり遠かったんですが、雰囲気が味わえて何より。

a0040739_344238.jpg


友達に誘われて二つ返事で”行く!”っと言ったものの、DCのローカルチームと対戦するチームすら

知らないまま行きました。

中国人の友達に誘われただけあって中国人だらけの席でちょっと異様な雰囲気でだったんだけど

すぐに納得!

それはHusron Rocketsの試合だったからです。

このチームには中国人のYao Mingが在席してるチームなのです。

そんなことも知らないままいきなり彼がコートの上にあるビッグスクリーンに映し出された瞬間びっくりしました。

”でっでかい。。。”

彼は2m30cm近くもあるかなり巨大な選手で4階席からでも際だっておおっきかったです。

彼はこの間の北京オリンピックでも大活躍で、中国で大人気の選手です。

プレーを見てみると、彼は動きは大きいだけあって機敏さに欠けますが、ゴール下に塗り壁のように立ちはだかり

ガンガンボールカットしたり、リバウンドをキャッチしたりと、チームに大貢献していました。

前半はWizardmがリードしていたんだけど、後半でRocketsがガンガン追い上げて

結局Rocketsが勝ちました。

すごく接戦でハラハラドキドキな試合でした。

ゲームでかなりエキサイトしすぎたのか、この週末は熱だして寝込んでしまいました(涙)。

そして昼間ずーっと寝てておきて部屋を出たらルームメートが風邪薬と咳に効くアメを置いててくれました。

ちょっとびっくりしましたが、一人暮らしじゃなくってよかったなーと思った瞬間でした。

これからホリデーシーズンで色々なイベントがあるので早く風邪を治さないと!

皆さんも風邪には気を付けてください。
[PR]

by sakura-kiko | 2008-11-24 23:59 | あそぶ

アメリカの大統領

アメリカの次期大統領にオバマは選出されました。

予想をはるかに超えた圧勝だったのですが、日付が変わったすぐ後にオバマの勝利確定し

DCのダウンタウンは人々が大騒ぎし、車はみんなクラクションを鳴らしまくりでかなりうるさかったです。

前回の大統領選の時にももうアメリカにいたのですが、前回も都市部ではケリーだったのですが

やっぱアメリカの海岸線以外の内陸地ではほとんど共和党で、かなりがっかりしたのを覚えています。

その後自分がアメリカの中西部に住むことになって、いかに内陸に住む人々が保守的であまり

自分の国以外に興味がないことを実感することになりました。

それで前の選挙での内陸部=共和党(ブッシュ)というのが少し納得できました。

でもそれでも自分の国がテロの攻撃に遭い、海外諸国から孤立していったにもかかわらず

ブッシュが選出されてしまったという事実はかなり落胆させられました。

しかし、今回の金融危機で中西部の経済は打撃を受け、共和党有利といわれていた

州でも民主党が勝利していました。

そして今回の選挙。

全く無名で、しかもマイノリティである黒人が選出されたということアメリカ国民のみならず、世界中のみんな

に希望を与えたという感じでしょうか。勝利確定後の演説は感動しました。

私個人的にはオバマは政治の経験が浅く、また政策も国内により重点をおいているし、その国内の政策

を聞いていてもいまいち具体性に欠けるので、本当に”変化”が実現されのかという点と、外交政策の点においてはやっぱり共和党のマケインの方が経験もあるし、筋が通っていると思います。

しかし、アメリカが端を発した金融危機によるアメリカ国民の閉塞感から期待される”変化”にオバマの具体性に欠くにもかかわらず、シンプルな彼の主張が国民の心を打ったのだと思います。

昨日はテレビでオバマ氏の経済政策に関するスピーチがあったのですが、経済政策が一番の重要課題であるから速やかに実行に移せるようにしたいとはしつつ、人選等はやはり慎重で、また公表されておらず、

各方面で財務長官の人事候補について話題になっています。

国政での経験の浅いオバマ氏は閣僚人事がオバマ氏の手腕を問われる最初の大仕事となることでしょう。

問題山積みのアメリカの混乱をどう乗り越えて行くかが注目されます。

私個人的には、マケインの人柄や主張はとてもよかったと思います。ただ四年前と、8年前にはブッシュに叩かれて断念するという不運に見舞われてました。また共和党では一匹狼的な存在なので、ちょっと不利だったのかもしれませんが、4年前に共和党の大統領候補になれていれば彼が大統領になっていたかもしれませんね。

しかし、副大統領候補のペイリンは注目度は高かったものの、ちょっと英語が残念な感じな印象を受けたのと

無知をなんどもさらしてしまうことが多く、ちょっと人選が失敗だったような気も。

しかしらながら4年後の大統領候補として有力と言われてから、ひっくり返りそうになりました。

アメリカという国はよくわからないなーと(笑)。

これから、アメリカがどんな風に変わっていくか楽しみです。
[PR]

by sakura-kiko | 2008-11-09 23:59 | つれづれ